佐賀県議会議員 むかいかど 慶人

活動報告

世界が注目?

昨日、ひょんな電話があった。ニューヨークタイムズの東京支局の方からだった。

玄海原子力について会って話がしたいと。

驚きを隠せず、「えっ、私に」、「ニューヨークタイムズってあのアメリカの新聞社だよね。しかも、玄海の原子力で・・・・。」  思わず動揺した。

当然、福島原発の事故に関しては、世界の注目を集め、今後の展開も含め、日本政府・東京電力に厳しい目を向けていることは想像に値する。終息は果たせるのか、そして、避難民は今後どうなるのか、そして、放射線物質の拡散はどうなるのか、関心が高いことだろう。

世界から運転再開について関心が寄せられている。しかも、玄海原子力の再稼働に。

佐賀県民の関心はどうなのか。玄海は再稼働できるのか。電力事情はどう考えるか。玄海が動けば、他の原発も動くことになるだろう。今の安全基準で安全といえるのか。保安院を信用できるのか。福島の検証はまだ、終わってないが。佐賀県議としてどう対応するのか。いつごろまでに結論だすのか・・・・・。云々。

約1時間の意見交換だった。

こんなにも関心が高いとは思っていなかった。佐賀県の玄海原発が、九州のいろんな人達に関心を持たれているのは承知している。他の原子力の立地県も再稼働で頭を悩ませていることだろう。

しかし、もはや、日本の原子力は世界から注目をされ、再稼働する根拠を探られているような気がした。今の日本の原子力行政が確かなものなのか、そうでないのかを。

佐賀県は、重大な判断を下さなくてはならない。どちらを選択しようとも・・・。

間もなく梅雨があける。今年の夏は猛暑なのだろうか・・・・。

 

 

 

  2011/06/23   admin